SPECIAL EDITION

FLASH 熊本城 基板アート iPhone X/XSケース

FLASH 熊本城 基板アート iPhone X/XSケース
JP¥13,000(without tax) / SIZE: 144mm×72.5mm×10mm / WEIGHT: 40g / COLOR: Black
Electronic parts: 26点

9月21日から11月29日までクラウドファンディング「makuake」にて販売中です。
https://www.makuake.com/project/denshi-gihan/

FLASH iPhoneケースは、電池無しで宇土櫓の破風(はふ)下の懸魚(げぎょ)部分に実装した赤色LEDが1個光ります。iPhone自身が発する微弱な電波を電力に変換し、昇圧することでLEDが1個光ります。通常時は光らず、強い電波を発した時に光ります。iPhoneの電波で光るためランダムで光ります。情報量の多いアプリを使用した時や、エレベータや地下街でiPhoneが位置情報を探している時などに光りやすいです。
熊本城デザインは熊本市 熊本城総合事務所さまより大天守および小天守、そして宇土櫓の図面をいただき、基板用CADで緻密にデザインしました。基板CADでは基板の配線パターンを直線で描きます。熊本城デザインでは約3万5000本の直線を使いデザインしています。細い線では0.1mm幅の配線パターン(金メッキ)でデザインされています。また、石垣部分は写真を見ながら基板用CADでデザインしました。
基板は金メッキ処理をしています。電子部品を実装後、超クリアな樹脂で封止しております。iPhoneケースの素材は、TPU(熱可塑性ポリウレタン)素材を採用しています。TPU は、ゴムのようなしなやかな弾力性と硬質プラスチックのような強靭さを合わせ持つ高分子化合物です。商品は、黒のギフトボックスに梱包致します。鉛不使用。日本デザイン、日本製造です。
発熱が高熱になる場合はクリア樹脂が劣化する恐れがございます。発熱が高熱になる場合は、ライトニングケーブルでの充電を推奨致します。

<「FLASH iPhoneケース」はなぜ光る?>
iPhone自身が発する電波を電力に変換し、昇圧することでLEDが光ります。通常時は光らず、iPhoneが強い電波を発した時にランダムに光ります。光る仕組みは、基板の裏面にあるアンテナ回路が、iPhoneが発する電波をキャッチし、基板の表に回ります。表面には増幅回路が組まれており、合計26個の電子部品で徐々に電圧と電流を高めてLEDを光らせています。LEDは1箇所のみです。電池無しでLEDが光る回路は特許出願中です。

【ご協力(敬称略)】
図面提供 熊本市 熊本城総合事務所
デザイン協力 田村淳
連携協力 九州鉄道機器製造株式会社

ページの先頭へ戻る