SPECIAL EDITION

FLASH D511 PCB ART iPhone6/6s Plus case

FFLASH D511回路線図 iPhone6/6s Plus ケース|FLASH D511 PCB ART iPhone6/6s Plus case
JP¥14,000(without tax) /  SIZE: 158mm×80mm×10.5mm / WEIGHT: 48g / COLOR: Black
Electronic parts: LED(1pc),Resistor(20pcs),Diode(12pcs) Capacitor(12pcs)

ジェイアール西日本商事株式会社「トレインボックス」とコラボレーションし、京都鉄道博物館の収蔵車両「D51形1号機」デザインの基板アートiPhoneケースを製作・販売いたしました。
「D51形機関車明細図」紙図面(複写)から基板CADで忠実に設計し、当社のプリント基板の設計製造技術で、基板の配線パターン(金メッキ)やシルク文字でデザインした製品です。
京都鉄道博物館ミュージアムショップにて、iPhone6 / 6s用は160個、iPhone6Plus / 6sPlus用は40個の数量限定販売で、開業記念として京都鉄道博物館のロゴ下に「2016.4.29 GRAND OPEN」の文字が入っています。

■18万本の0.1mm幅のライン(金メッキ部分)でデザイン
~当時の紙図面から完全再現した力作~
「D51形機関車明細図」の紙図面(複写)からD51形1号機を忠実に再現しています。紙図面を拡大・スキャンし、基板CAD上の座標を確定させ、一本一本PCのマウスクリックで描くという気の遠くなるような作業をおこないました。
2カ月以上掛け18万本の0.1mm幅のライン(金メッキ部分)を描き、さらにD51の前照灯に配置するLEDが電波で光る回路を設計しました。
特に、紙図面には内部の配管図も記載されているため外部の配管、内部の配管の区別に奮闘し、図面と同じ角度からの写真が無かったため設計に相当な時間を費やしました。
非常に苦労を重ねて完成した基板アートiPhoneケース現物は京都鉄道博物館ミュージアムショップで確認できます。

■FLASH D511回路線図 iPhone ケースの特徴
~電池無しでLEDが光る!iPhone自身が発する電波を電力に変換~
基板CADでデザインし、本物の基板に電子部品を実装したiPhoneケースです。FLASH D511回路線図 iPhone ケースは、電池無しでLEDが光ります。線画の一部は実際に電子回路として機能しており、iPhone自身が発する電波を電力に変換し、昇圧することでLEDが光ります。
FLASH D511回路線図 iPhone ケースでは前照灯に実装した赤色LEDが光ります。通常時は光らず、強い電波を発した時に光ります。電池無しでLEDが光る回路は特許出願中です。

本製品をはじめとした、「FLASHシリーズ」の基板はデザイン性を重視するためPAD ON VIAを採用し回路を形成しています。基板は金メッキ処理をしています。電子部品を実装後、超クリアな樹脂で封止しております(電子部品の一部が露出している場合があります)。また、黒色の樹脂ケース表面は手触りがソフトな塗装を施しております。

ページの先頭へ戻る